有機JAS

農産物の安全性に対する消費者の関心が高まる中、「有機」、「無農薬」等の表示が氾濫し、表示に対する信頼性が損なわれ、消費者の選択に著しい支障を生じさせていた。
このため、有機JAS規格を満たす農産物を認定事業者が審査、認定して「有機JASマーク」を付すことになった。
これにより、「有機JASマーク」を付したものでなければ「有機」、「オーガニック」又はこれと紛らわしい表示は出来なくなった。(平成13年4月1日施工)
農事組合法人 河谷営農組合組合では、コシヒカリ並びに酒米の五百万石で有機JASの認定を受けることにした。
要件を整え、認定事業者である、兵庫県農業協同組合中央会に認定の申請を行い、平成19年9月1日に認定された。

 


 

認定の概要
1) 主要品目:水稲
2) 圃場の数:13圃場
3) 圃場面積:350アール
4) 認定番号:07A005

認定証

JAS