放鳥拠点

コウノトリ野生復帰事業の放鳥拠点が河谷に設置された。(平成18年6月)
拠点施設はネットで囲ったケージで、水田ビオトープの中に設置された。
ケージの大きさは、間口20m、奥行15m、高さ4mで中央で二つに仕切られている。

平成18年6月、二組のペアのコウノトリ4羽がそこに収容された。これは周囲の環境にに馴れることを目的としたものである。

コウノトリは夏の猛暑の中、3ヶ月をここで過ごした。
あまりの暑さを見かねて、日よけの葦簀を立てたりもしたが、コウノトリにとっては過酷な体験だったに違いない。
給餌は、コウノトリの郷公園の飼育員から毎日一回、ドジョウ、小アジが与えられた。

平成18年9月24日午後0時20分、新田小学校の児童が入り口のネットを開いて、4羽のコウノトリが元気よく大空に向かって羽ばたいた。


河谷放鳥拠点の風景

060612a

河谷の水田ビオトープに浮かぶ放鳥拠点(平成18年6月完成時)

 

kyoten0608a

収容された4羽のコウノトリ(平成18年7月)
J381 ・ J382 ・ J228 ・ J275

 

kyoten0608b

コウノトリの餌(2羽1日分)