水田ビオトープ

「コウノトリと共生する水田づくり」事業の一つ「転作田ビオトープ」を設置した。
平成15年には91アールの水田をそれに充てた。
この場所に平成18年には放鳥拠点施設が設置され、六方田んぼでの野生復帰の拠点となった。

ビオトープとは、生物空間を意味する造語で、植物を含む生き物の生息場所という意味。
水田ビオトープは、水田を休耕、常時湛水してそこでいろいろな生き物を育む。

070707a

 


 

水田ビオトープの管理

水田は湛水すると見る間に水性雑草が繁茂してくる。
年に数回トラクタで雑草をすき込む作業をする。
雑草の種類によっては、人手で処理することもある。

070726d070718c

 


 

水田ビオトープで過ごすコウノトリ

ニッタン親子はここをねぐらにしている。

071106d