育苗

コウノトリ育む農法 育苗編(平成19年)

農薬に依存しない「コウノトリ育む農法」では、病害虫に負けない丈夫な苗作りがポイントになる。
河谷営農組合では、発芽、育苗の段階で加温しない「自然育苗」にこだわっている。


 

070406a_9

1) シーズン到来
4月初旬、桜が満開になった。いよいよ育苗の開始だ。

 

070406b_9

2) 温湯消毒    4月6日
種子の消毒に農薬を使わない。
種子の発芽を損なわないギリギリの温度を掛けて殺菌するのだ。
作業は、種子5kg入りのネットを、63℃にセットされた温水槽の中に入れ、7分間にセットしたブザー鳴ると直ぐに引き上げ、傍の冷水槽で速やかに冷やす。

「新田プロジェクトE」のメンバーが実習に来て作業してくれた。

湯温、浸漬時間は品種により異なる。
コシヒカリ  63℃  7分
五百万石  60℃  10分

 

070406c_9

3) 低温浸種    4月6日
温湯消毒を済ませた種籾は低温浸種する。
低温浸種の目的は、種籾が時間をかけて吸水し、発芽の準備をさせるもの。
丈夫な苗づくりにこだわり、地下水の流水に浸種する。
水温は14℃程度なので、10日間余り浸種する。
(積算温度150℃程度)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4) 浸種終了    4月18日
浸種を終えた種籾はビニルハウスの中に収容した。

 

070418b

5) 浸種終了時の種籾の様子     4月18日
正に芽を切る準備が出来た。

 

070421a

6) 催芽       4月21日
4日後、種籾は一部芽を切りってきた。

 

070422a

7) 播種作業    4月22日
播種作業は、苗箱に床土を入れ、それに潅水し、播種、覆土する作業で、これら一連の作業は播種プラントで自動的に行われる。
播種プラントは、床土機、潅水装置、播種機、覆土機で構成され、コンベアで連結されている。
床土、覆土に使用する育苗培土はフレコンに入って天井からつり下げている。

人手を要する作業は、
1. 装置先頭のコンベアに苗箱を載せる。
2. 播種、覆土が終わった苗箱を取り出す。
3. 種子、培土の補充
4. 苗箱の搬入、搬出等で、4~5名であたる。

 

070422c

8) 播種直後の様子
播種量は60~70g(1箱当たりの催芽籾の重量)慣行の半分以下の薄播きがこの農法の特長である。

 

070426c

9) 芽だし
播種した苗箱は屋外に積み上げて発芽を待つ。

 


070426f

10) 発芽    4月26日
積み重ねた苗箱の中で発芽してきた。
同時に、苗箱の覆土表面に白いカビが発生した。
有機培土を使用している故のカビで、苗の生育に悪影響を及ぼすことはない。

 


070426e

11) 苗箱並べ   4月26日
好天の日を選んで苗箱を路地苗代に並べた。
苗箱の搬送にはローラーコンベアを使用している。

 


070426g

12) 防鳥ネット張り   4月26日
苗箱を並べた後、スズメの食害を防ぐ為に防鳥ネットを張って全体を覆う。
この状態で芽の成長を待つ。

 


070428a

13) 潅水開始   4月28日
苗箱の表面が乾燥してきたら苗代に水を張り潅水する。この方式を「プール育苗」という。

 


070429a

14) 特長
当組合の育苗方法の特長は、健苗を目的に自然育苗に徹し、苗箱を保温シートで保護しないことである。
季節柄霜害の発生リスクがあるが、降霜が予想される場合は水を張って霜害を防ぐ。

 


070516a

15) プール育苗   5月16日

 

070516b

16) 順調な生育   5月16日

 


070523c

17) コシヒカリの苗完成   5月23日

 


070526a

18) 五百万石の苗完成   5月26日

 


070523b

19) 苗運び   5月23日

 


070523d

20) 田植え   5月23日

 


070523e

21) 田植え   5月23日